【暴露】30代女性が眉毛を生やすための3つの方法とは?

【暴露】30代女性が眉毛を生やすための3つの方法とは?

 

「10代や20代で眉毛を抜きすぎて生えてこなくなった」

 

「間違えて眉毛を剃りすぎてしまった」

 

なんてことはありませんか?

 

 

流行りの太眉やナチュラル眉を手に入れるには、眉毛が薄くては印象が悪くなってしまいます。

 

 

眉毛生やすことを目的とした30代女性のために、この記事では眉毛が薄くなる原因から、眉毛を生やすためにやるべき方法までをご紹介いたします。

 

 

理想の眉毛を手に入れるために欠かせない情報ですので、お見逃しなくご覧ください。

 

 

【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます

 

眉毛が薄くなる7つの原因とは?


眉毛を生やすために必要な3つの方法

 

 

 

眉毛が薄くなる7つの原因とは?

 

眉毛を生やすためには、薄くなる原因を知ることも重要です。
原因を知れば眉毛を生やすための方法も効果的に実践できるでしょう。

 

 

眉毛が薄くなる原因は7つあります。

 

【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます

 

眉毛を抜きすぎ


体内のホルモン


栄養が足りない


ストレス


毛穴の詰まり


メイクによる悪影響


病気

 

 

眉毛を抜きすぎ


10代や20代のころに多いのですが、眉毛を抜いて整えている人がいます。
眉毛を抜くとしばらく生えてこないだけではなく、何年もハゲた状態になってしまう可能性があるためオススメしていません。

 

他のムダ毛の処理をする時は抜いても抜いても生えてくるから、眉毛も大丈夫だろううと思っていませんか?
眉毛はデリケートは部分ですので、何度も抜くと二度と生えなくなることが珍しくありません。

 

生えてこないと気づいてから眉毛を生やす方法を試しても、たいていは手遅れです。
今も抜いているのなら眉毛を抜くのはすぐにやめましょう。

 

 

 

体内のホルモン

眉毛が生えるかどうかに関わるホルモンは3つあります。

 

  • 甲状腺ホルモン
  • 女性ホルモン
  • 男性ホルモン

 

紛らわしい名前ですが、3つのホルモンは性別を問わず誰もが持っていて、女性ホルモンを男性が持っていたり、男性ホルモンを女性が持っています。

 

甲状腺ホルモン

新陳代謝を活発にする、脳を活性化する、身体の発育を促進するといった機能があります。
甲状腺ホルモンが低下すると様々なく影響が肌の乾燥や肌荒れなどを始め、様々な症状が出てきますが、その一つに眉毛が薄くなるというものがあります。
ひどいときには眉毛の3割以上が目に見えて薄くなることもあり、身体がだるいなどの症状が併発するようでしたら病院でホルモン検査を受けたほうが良いでしょう。

 

女性ホルモン

妊娠や出産の際に眉毛が薄くなることがあります。
これは間接的に女性ホルモンの働きが影響していて、出産後しばらくすると回復します。
女性ホルモンが原因で眉毛が薄くなる場合は、頭髪が先に薄くなることが多いです。
頭髪が薄くなったと感じないのに眉毛だけ薄くなるようなら女性ホルモンは無関係の可能性が高いと考えられます。

 

男性ホルモン

男性ホルモンが濃いと、ヒゲや眉毛が濃くなる代わりに頭髪が薄くなると言われています。
女性の場合は頭皮がハゲになることは通常はありませんが、男性ホルモンが少なすぎると眉毛が薄くなりやすいです。
とはいっても、眉毛を濃くするために男性ホルモンを増やそうとしてヒゲが伸びたなんてこともあるので、男性ホルモンが多い方が良いとは一概には言い切れません。

 

 

 

 

栄養が足りない


栄養不足によって眉毛を生やすことが阻害されている可能性があります。
肉類に偏った食事や、緑黄色野菜を摂らないなど、バランスに欠けた食事をしていると眉毛に十分な栄養を届けられなくなります。
眉毛を生やすために向いている食事とは、

 

  • 緑黄色野菜
  • 青魚
  • 枝豆などの豆類
  • わかめなどの海藻

 

などが挙げられます。

 

 

 

ストレス


ストレスは血行を悪化させ、眉毛に届ける栄養量を少なくしてしまいます。
日常生活を送るうえでストレスはつきものですが、運動を行ったり、リラックスタイムを設けるなど調整していくようにしましょう。

 

 

毛穴の詰まり


洗顔やクレンジングが不十分だと毛穴に汚れが残ってしまいます。
毛穴を塞いでしまうわけですから、生えてこようとする眉毛の成長を悪化させるのは当然ですね。
毎日の毛穴のお手入れには気をつかうようにしましょう。

 

 

メイクによる悪影響

毛穴が詰まる話からも繋がりますが、メイクによって肌荒れを起こすなどして眉毛が生えるのを邪魔することがあります。
特にペンシルのアイブロウや、眉マスカラは注意が必要です。
これらは眉毛に悪影響を与えることが多いため、できればパウダータイプのアイブロウにとどめておくことをオススメします。
濃いメイクも眉毛が生えるのを阻害するため、可能な限り眉メイクは控えると良いでしょう。

 

 

病気


肌荒れを起こしやすい脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎が起こる人は眉が薄くなる可能性があります。
肌に合わない眉メイクなどを使う場合も同様です。
また、甲状腺機能低下症といった特殊な症状を持っている場合にも眉毛が薄くなります。
ここに該当する人は素人判断をせず、まず病院で診てもらって症状を改善する事から始めましょう。

 

 

 

 

眉毛を生やすために必要な3つの方法

 

では、眉毛を生やすためには何をすればいいのでしょうか?

 

 

生活習慣の改善

 

食生活

  • 緑黄色野菜
  • 青魚
  • 大豆などの豆類
  • ワカメなどの海藻
  • カシューナッツなどのナッツ類

 

こういった栄養素をバランスよく摂取することで眉毛のみならず、まつ毛や頭髪も生える手助けとなると言われています。
好みが分かれますが、牛のレバーなども鉄分豊富なため眉毛を生やすうえで良いと言われています。

 

 

 

睡眠


ストレスを解消する手段として睡眠は有効です。
ストレスをため込んでは生えるものも生えなくなるため、毎日しっかりと睡眠時間を確保して下さい。
特に、午後10時〜午前2時ごろは毛が伸びやすい時間帯だと言われています。
この時間帯に睡眠をとれるのであれば眉毛に良い影響を与えるのではないでしょうか。

 

 

 

運動


ストレス解消方法として運動は手軽にできて高い効果を発揮します。
特にジョギングを毎日30分〜1時間程度行うだけで血行促進効果まで期待できるため、時間に余裕がある時や通勤途中などで可能なら実践してみると良いでしょう。

 

 

 

メイクや洗顔方法の改善

 

眉毛が生えない原因の多くはメイクだとも言われています。
特に、

  • 眉毛を抜かない(眉毛周辺の邪魔な毛はOK)
  • クレンジングの際には眉毛のメイクも優しくしっかりと落とす

 

この2点は意識してください。

 

眉毛を抜かないというのはすぐ実行できますが、意外とできていないのがクレンジング不足です。
眉毛だけメイクを落としきれていないなんてことも珍しくなく、蓄積したメイク汚れが毛穴を詰まらせてしまいます。

 

 

眉毛美容液の利用

 

上記2つを行ったうえで、眉毛美容液を使うのが眉毛を生やす方法としては一番だと思います。
ホルモンバランスや遺伝による眉毛の薄さは、食生活やメイク落としだけでは改善しきれません。
つい数十年まえまでは、現代ほど高性能な眉毛美容液を使うことはできませんでした。
せっかく現代科学による最新の眉毛美容液があるのですから、眉毛を生やすためにドンドン利用してしまいましょう。

 

眉毛美容液の中ではマユライズという商品が評価が高いようです。

 

 

アットコスメでの良い評価が96%、購入者のリピート率が94%という人気No。1の眉毛美容液だとのことで、初めて眉毛美容液を利用する人には向いていると感じました。

 

 

眉毛美容液というと高いイメージがあります。

 

マユライズも2万円くらいするのかな? 

 

と思っていましたが、実際には8,980円でした。

 

少し値が張るのが難点ですが、実際に使ってみて眉毛が生えたと感じた人も多いようです。

 

 

眉毛美容液の効果が出るには4カ月くらい必要とのことなので、4回分継続を前提とするなら初回は980円、2回目以降も33%引きで購入できるようです。

 

 

眉毛を生やすために色んな商品に手を出すくらいなら、人気No.1で実績も多いマユライズを試してみた方がお金の浪費は防げるのかもしれませんね。

 

 

初回980円のトクトクコースは300名限定とのことなので、悩んでいる人は早めに決めた方が良さそうです。

 

 

↓マユライズの購入はこちら↓

マユライズ公式サイト