眉毛美容液の「メチルパラベン」成分の効果と副作用とは?

眉毛美容液の「メチルパラベン」成分の効果と副作用とは?

 

眉毛美容液に配合されている成分「メチルパラベン

 

長いあいだ化粧品などの防腐剤として利用されていることで有名な成分がパラベンです

 

防腐剤として優秀でありながら、パラベンフリー、パラベン無添加などと言われるように、悪いイメージも多くついている成分です。

 

この記事では、メチルパラベンの本当の危険性や効果についてお話いたします。

 

読むことでメチルパラベンに対する不安を解消できるよう願っています。

 

 

メチルパラベンの効果とは?

 

メチルパラベンの効果とはズバリ防腐剤です。

 

  • 殺菌作用
  • 防腐作用

 

があります。

 

化粧品の大半は水分でできています。
防腐剤が入っていない化粧品というのは非常に危険で、繁殖した菌が毒性を持ってしまったり、皮膚が荒れる原因となります。

 

化粧品やシャンプーに限らず、多くの製品で防腐剤は欠かせないのですね。

 

 

 

 

 

 

メチルパラベンの危険性とは?

 

パラベンには毒性があります。

 

しかし、メチルパラベンはパラベンの中でも非常に刺激が少なく、適量の使用であれば安全性に問題はありません

 

使用法を誤ると危険な成分ではありますが、通常の使用の範囲であれば副作用の心配はいらないと言ってよいでしょう。
ただしアレルギー症状が出る人もいますので、腕に付けてパッチテストをすることをオススメします。

 

 

なぜ毒性があるのにメチルパラベンを使うの?

 

防腐剤が無ければさらに危険性が高まるからです。

 

食品で例えると、長持ちさせるために冷凍したり、塩漬けにしたりしますよね。
常温で置いておけば生ものだと数日で腐り始めます。

 

 

化粧品も同じです。
大半が水分でできているため、防腐剤が無ければ数日で品質が落ちます。
毎日新品を購入するのならともかく、1週間以上使うことを前提としている以上は他の毒性をなぜ毒性があるのに防腐剤が必要なのです。

 

この防腐剤の中でも高い性能と安全性のバランスに優れたのがメチルパラベンです。

 

リスクを抑えて最大の効果を発揮するために選ばれたのがメチルパラベンという成分なのです。

 

メチルパラベン危険性は十分に研究されていますので、配合できる量が制限されています。

 

日常的に使う化粧品やシャンプーなどで危険な分量となることはありませんので、安心して使うことができます。

 

 

メチルパラベンは水溶性の成分ですので、肌の角質層などに妨害されて皮膚が吸収することはありません。
肌が荒れる原因となる可能性は低いというわけです。

 

 

 

 

 

 

メチルパラベンを使っている製品とは?

 

  • 化粧品
  • シャンプー
  • 美容液
  • 育毛剤

 

メチルパラベンはこのように美容や育毛に利用されています。

 

10年以上も前にはパラベンを肌に塗ると老化が進むなどという情報が新聞に掲載されたようですが
研究結果には疑問点があり、中には純度100%のパラベンを肌に塗るという非日常的な実験の結果を報告しているものも多いようです。
実際に使用されるメチルパラベンは純度1%にすら満たないため、危険性は全く違うものとなります。

 

絶対に安全とは口が裂けても言えませんが、防腐剤を使わない時の毒性の方が危険というわけです。

 

 

 

 

 

 

メチルパラベンのまとめ

 

 

  • 防腐効果と安全性のバランスが非常に高い
  • 毒性はあるが、配合量を制限している
  • 通常の使用で副作用が出る心配はほとんどない。
  • 防腐剤は使わない方が危険
  • 育毛剤や化粧品に利用されている

 

 

防腐剤の中でも刺激が少なく優秀なメチルパラベン。

 

過剰ではありますが、どうしても心配な人は使わないのも一つの選択肢でしょう。

 

 

↓危険性が少ない防腐剤を使用した眉毛美容液はこちら

【暴露】マユライズの悪魔的な効果! 30代女性向け